HOME » シャンプーを使わない「湯シャン」の素朴なギモンQ&A » ハゲに効くの?

ハゲに効くの?

湯シャンの薄毛・抜け毛予防効果とは

湯シャンはなぜ、薄毛や抜け毛に効果があるのでしょうか。

薄毛や抜け毛に悩んでいる人のなかには、高価な育毛シャンプーを使っている人もいるかもしれません。でもそれ、本当に正しい改善方法なのでしょうか?

そもそも、シャンプーには、合成界面活性剤という強力な洗浄力を持つ成分が入っています。この合成界面活性剤とは、水と油(脂)をなじませ、汚れを浮かせ、除去してくれる成分です。この成分は、食器用洗剤にも普通に使われています。

特に、高級アルコール系と呼ばれるラウリル硫酸ナトリウム等が入っているものは洗浄力が強く、安価であるため、多くのシャンプーに入っているのです。

食器用洗剤と同じ化学物質を頭皮に塗れば、当然ながら、「頭皮の清潔を保つ」目的以上の量の皮脂を奪ってしまいます。すると頭皮は、奪われた皮脂を補うため、今までよりも多くの皮脂を分泌します。それが頭皮のベタつきにつながるのです。

また、頭皮には常在菌がいます。常在菌には善玉・悪玉菌がいるのですが、環境が変わり、頭皮の表面に皮脂がごってりと付着してくると、常在菌はそれを餌にして、どんどん増殖していきます。毛穴に脂が詰まった状態で、さらに悪玉菌が繁殖した結果、頭皮湿疹、脂漏性皮膚炎が発症することもあるのです。

もちろん、逆の場合もあります。

必要以上の皮脂が奪われると、その結果保湿力が足りなくなり、水分が蒸発してしまい、頭皮が乾燥します。すると、痒みが発生したり、痒い部分を掻いた時にできる傷口から炎症が起きる…ということもあるのです。

また、界面活性剤は毛母細胞や毛乳頭になんらかの影響を与え、髪の毛の角質も破壊され、抜け毛が発生しやすくなるという説もあります。それに、シャンプーに配合されている防腐剤は、常在している善玉菌を殺してしまうというのです。

頭皮が弱れば、髪が成長しないのは当たり前。

皮脂の分泌を正常な状態に戻し、頭皮の環境バランスを整えれば、自然と髪に栄養が行き届くようになります。界面活性剤に削られて薄くなっていた角質層も、ふっくらして毛髪が成長しやすい頭皮環境になっていきます。

湯シャンは、頭皮の状態を健康状態に戻すことが目的ですので、ハゲにも効果があるのです。

湯シャンとは
効果
正しいやり方
湯シャンに向く人・向かない人
おすすめの
湯シャンサポートグッズ
check!
湯シャンをするうえで気を
つけたいポイント
男性編
女性編
有名人編
周囲の声編
ハゲに効くの?
クサくならない?
汚れは落ちるの?
フケは増えない?
ツヤはなくならない?
ベタつかない?
流行ってるのは日本だけ?
どれぐらい続けるべき?

体験レポート!
30日間の効果とは?

-- /all-->