HOME » シャンプーを使わない「湯シャン」の素朴なギモンQ&A » フケは増えない?

フケは増えない?

フケ発生の原因とは

フケとは、古くなった頭皮の角質が剥がれたもののことを指します。

健やかな地肌のフケは、目に見えないくらいの大きさなのですが、新陳代謝のリズムが乱れた頭皮の場合、古くなった角質と未熟な角質が分かれることなくごっそり剥がれ落ちてしまい、目に見えるほどの大きい「フケ」になってしまうのです。

フケは、その剥がれ落ちる原因によって、「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類に分けられます。

乾性フケ

乾性フケは、頭をかくと粉のように落ちてくるタイプで、カサカサして細かいのが特徴です。このタイプは、皮脂の少ない乾燥した頭皮がダメージを受けて出てくるもので、特に冬に出やすく、乾燥肌の人に多いと言われています。

脂性フケ

脂性フケは、大きめのフケで、髪や頭皮にくっつきやすいのが特徴です。同時に、頭皮に黄色っぽい塊ができていたり、強い痒みがあったりする場合があります。

このタイプのフケは、皮脂を栄養としている常在菌(マラセチア菌)の活動が、多量の皮脂を餌にして大量に繁殖・活発化している時に出てくるものです。梅雨などの湿度が高い時期に出やすく、脂性肌の人に多いと言われています。

あまりにも目立つ脂性フケが出てくる場合、炎症を起こしている可能性もありますので、辛抱強くケアをしていく必要があるでしょう。

湯シャンでフケを解消できる?

どちらのフケも、頭皮の清潔・保湿不足によって生じるものです。

皮脂の分泌が多い場合、それは生まれつきの体質ということも考えられますが、「シャンプーによる皮脂の洗い流し」も原因の1つかもしれません。

シャンプーによる刺激が強すぎて皮脂分泌が過剰となり、毛穴が詰まってフケになってしまうのです。乾性フケの原因である頭皮の乾燥も、シャンプーが合わないことによって肌が荒れ、水分を保てないことが原因かもしれませんね。

このような場合、湯シャンを行うことで皮脂不足を改善させ、頭皮環境を整えることができます。

まず、洗髪前に動物性のブラシで丁寧にブラッシングをし、ぬるま湯できちんとすすいでください。

また、必要な皮脂を残して、余分な皮脂や汚れを落としてくれる湯シャンタブレットの利用も、フケ予防に大きな効果があります。

洗髪後の濡れた頭皮は、雑菌が繁殖しやすい環境になるため、しっかりタオルドライやドライヤーで乾かすことを忘れずに行ってくださいね。

湯シャンとは
効果
正しいやり方
湯シャンに向く人・向かない人
おすすめの
湯シャンサポートグッズ
check!
湯シャンをするうえで気を
つけたいポイント
男性編
女性編
有名人編
周囲の声編
ハゲに効くの?
クサくならない?
汚れは落ちるの?
フケは増えない?
ツヤはなくならない?
ベタつかない?
流行ってるのは日本だけ?
どれぐらい続けるべき?

体験レポート!
30日間の効果とは?

-- /all-->