HOME » シャンプーを使わない「湯シャン」の素朴なギモンQ&A » クサくならないの?

クサくならないの?

髪の毛や頭皮の臭いはどういうことなのか

湯シャンはじめたばかりの頃は、残念ながらにおってしまう場合が多いです。特に、濡れたままだと頭皮が臭くなります。

そもそも、なぜ頭皮が臭くなるのでしょうか。

頭皮のニオイの原因は、ずばり、シャンプーなどの界面活性剤や、そこに入っている抗菌剤・殺菌剤によって、頭皮に必要な常在菌環境が乱れているからです。

必要な常在菌が全滅してしまうと、皮脂や汚れを食べてくれる常在菌がいなくなってしまいます。結果、頭皮がベタつき、酸化し、不快なニオイを発してしまうのです。食用の油が酸化すると嫌なニオイがするように、皮脂も酸化して悪臭を放ちます。

また、臭くなるだけでなく、皮脂が多く分泌されると、頭皮がかゆくなります。

そこで何も気にせずにボリボリ・ガリガリ掻いてしまうと、頭皮に傷がついてしまうのです。傷ついた頭皮を早く直そうと新陳代謝が活性化し、新しい皮脂が分泌され、ニオイの元となる皮脂の過剰分泌という悪循環に陥ってしまいます。

臭いの原因

人の皮膚から発するニオイの原因は、大まかに「汗」「皮脂」「雑菌(皮脂常在菌)」の3つに分けることができます。

私たちの頭の皮膚には、もともと毛穴や皮膚の表面に住んでいる皮膚常在菌がいるのです。しかし、普段は皮脂膜によって繁殖が抑えられており、悪影響はありません。

ところが、何らかの原因で皮脂の分泌が過剰になると、余分な皮脂は活性酸素により酸化し、過酸化脂質に変化します。そして、過酸化脂質を餌にする皮脂常在菌が、これでもかとばかりに繁殖をはじめます。

もともと、過酸化脂質には特有のニオイがあるのですが、雑菌の温床となった過酸化脂質は、人に不快感を与える頭皮の悪臭になってしまうのです。

皮脂分泌過剰の原因

皮脂分泌が過剰になる原因は、色々とあります。普段の食事のバランスが崩れている、ストレス、そして、シャンプーのしすぎで頭皮が乾燥した場合も、皮膚を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されます。

ニオイの原因を発生させないためには、頭皮の皮脂バランスを整えることが重要となります。

「綺麗にしなければ!」と思って、洗浄力の強いシャンプーを使ったり、爪を立て、力いっぱいゴシゴシ洗ったり…実はこれ、頭皮環境的にはNGなのです。

洗浄力の強いシャンプーを使って、ゴシゴシと頭皮を洗えば、もちろん汚れは落ちるでしょう。ただし、頭皮に必要な皮脂も一緒に落としているのです。

頭皮を薄く覆っている皮脂を完全に取り除いてしまうと、確実に頭皮環境は悪化の一途を辿るばかりになります。

頭皮は、乾燥すると皮脂を分泌して頭皮を守ろうとする性質があります。足りないものを補おうとするのは、体の自然な仕組みです。皮脂を除去したら、その分を補おうと、過剰な皮脂が分泌されてしまうのです。そして、過剰に分泌された皮脂は、空気中のゴミ、ホコリ、整髪料や雑菌と結びついて毛穴に溜まり、かえって頭皮の表面を汚してしまうことになります。

つまり、皮脂をある程度残す湯シャンを続けても、シャンプーの界面活性剤などの悪影響で、皮脂を食べてくれたり悪玉菌を退治してくれたりする常在菌が全滅していると、臭ってしまうというわけです。

この常在菌が元に戻るのは、1・2ヶ月以上の時間を必要とします。そのため、しばらくは皮脂の量が安定しない状態となり、皮脂が酸化して臭っても、それは仕方のないことなのです。

湯シャンを半年ほど根気よく続けていれば、次第に頭皮の常在菌環境も整ってきて、臭いはなくなっていきます。

無理して続けるのはNG!湯シャンのコツ

ただ、あまりにも臭いやかゆみがひどい場合は、無理をして湯シャンを続ける必要はありません。

1回に使うシャンプーの量を減らしたり、あるいは洗浄力の弱めなシャンプーを使ったり、2日に1回、3日に1回はシャンプーをする…など、時々はシャンプーを挟みながら湯シャンを継続していけば、頭皮環境は確実に整っていきます。

現代社会で、いきなり湯シャンだけの生活に移行するのはかなり難しいことですので、汚れに応じて臨機応変に対応していきましょう。

また、湯シャンしていると、乾いている時はニオイがしないのに、濡れていると臭うという話もあります。これは、生乾きの洗濯物と同じ理論で、髪の根元からしっかり乾かさないと、雑菌が繁殖して悪臭が発生してしまうからです。

早く乾かす時のコツとしては、軽くタオルドライをした後、タオルを頭にかぶって、その上からドライヤーをかけると、乾燥のスピードがアップします。特に、頭皮付近はしっかりと乾かしてください。

ちなみに、湯シャンのニオイを解消するサポートグッズとして、湯シャンタブレットとシャワーヘッドがあります。中性の湯で肌に優しく、水道水に含まれるカルキを除去してくれるので、頭皮にかかる外的刺激を避けることができます。

また、重炭酸泉イオンの温浴効果で血行が促進され、毛穴がしっかり開きます。そこにクエン酸の皮膚軟化作用が働き、頭皮表面の汚れ、古い角質や垢、角栓などをすっきり取り除いてくれます。

毛穴や髪にこびりつくホコリ、汗、脂、整髪料やシャンプーの残留物も取り除いてくれるので、いちはやく頭皮の環境を整え、嫌なニオイを抑えてくれるのです。

湯シャンとは
効果
正しいやり方
湯シャンに向く人・向かない人
おすすめの
湯シャンサポートグッズ
check!
湯シャンをするうえで気を
つけたいポイント
男性編
女性編
有名人編
周囲の声編
ハゲに効くの?
クサくならない?
汚れは落ちるの?
フケは増えない?
ツヤはなくならない?
ベタつかない?
流行ってるのは日本だけ?
どれぐらい続けるべき?

体験レポート!
30日間の効果とは?

-- /all-->