HOME » お湯だけで洗髪?知っておきたい湯シャンのキホン » 湯シャンに向く人・向かない人

湯シャンに向く人・向かない人

乾燥肌や敏感肌の人は湯シャンに向いている?

乾燥肌や敏感肌の人は、湯シャンの効果が出やすいと言われています。

そもそも乾燥の原因は、シャンプーの洗浄力の強さにあります。毎日のシャンプーで頭皮に必要な皮脂を落としすぎてしまうことで、頭皮が乾燥してしまいます。このため湯シャンによって適度に皮脂が残り、頭皮のうるおいが保たれるわけです。

また敏感肌の人は、シャンプーに含まれている化学物質の刺激で肌荒れになりがち。乾かした後も、頭皮には化学物質が残っていることが多いため、髪の毛が顔や首、背中の皮膚に触れることで全身への刺激になってしまうこともあるのです。頭皮に優しい湯シャンを始めることで、このような危険を未然に防ぐことができます。

オイリー肌でも大丈夫?

逆に、脂性肌(オイリー肌)の人は湯シャンに向いているのでしょうか。

もともと皮脂が多かったり、皮脂分泌が盛んであったりするタイプの人は、お湯のみの洗髪では皮脂を落とし切ることができないと思われがちです。

しかし、過剰な皮脂分泌の原因は、シャンプーに慣れた生活にあるかもしれません。毎日のシャンプーで皮脂を落としすぎている人ほど、皮脂分泌が過剰になる場合が多いのです。

このままシャンプー生活を続けていくことで、頭皮が綺麗になるばかりか、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、髪が細くなったり、薄くなったりと逆効果になってしまうことすらあります。

とはいえ、すぐに湯シャン生活に移ることも難しいと思います。汗を多くかいた日やニオイがどうしても気になる日はシャンプーを使い、少しずつ湯シャンを始めていくことをおすすめします。

ワックスやヘアスプレーは落とせない?

残念ながらお湯だけの洗浄力ではワックスやスプレーを落とすことは難しいでしょう。

頭皮や髪に洗い残しが出て、ダメージにつながってしまうこともあるので、湯シャン実践中にワックスを使用した場合などは、シャンプーでしっかりと落とすことが肝心です。

湯シャンのサポートグッズの中には、皮脂やほこりなどの汚れのほか、ワックスやヘアスプレーも落とすことのできる湯シャン専用のタブレットもあります。

ニオイやベタつきを抑える効果も高いので、ぜひ湯シャン生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

>>湯シャン生活には必須?おすすめサポートグッズ

湯シャンとは
効果
正しいやり方
湯シャンに向く人・向かない人
おすすめの
湯シャンサポートグッズ
check!
湯シャンをするうえで気を
つけたいポイント
男性編
女性編
有名人編
周囲の声編
ハゲに効くの?
クサくならない?
汚れは落ちるの?
フケは増えない?
ツヤはなくならない?
ベタつかない?
流行ってるのは日本だけ?
どれぐらい続けるべき?

体験レポート!
30日間の効果とは?

-- /all-->