HOME » お湯だけで洗髪?知っておきたい湯シャンのキホン » 湯シャンをするうえで気をつけたいポイント

湯シャンをするうえで気をつけたいポイント

水道水に注意!

湯シャンを失敗しないようにするため、正しい洗髪方法や、自分の体質や回数にいくら気を配っていても、なんだか髪の調子が悪い、失敗している気がする…と感じる時はありませんか?

この場合、考えられるもう1つの原因があります。それは「水道水」です。

私達が普段飲み、料理に使用している水道水には、塩素(カルキ)が使われています。この水道水の消毒のために混ぜられている塩素は、タンパク質を破壊する性質があるのです。

塩素から受ける抜け毛への影響

プールの授業が終わった後で、髪の手触りがキシキシしたり、色が変わったり、頭皮がかさつくなどの経験をした人も多いでしょう。それは、塩素が頭皮の新陳代謝を悪くして乾燥を引き起こし、キューティクルにもダメージを与えるからです。

また、タンパク質が破壊された髪からはメラニン色素が流れ出てしまうので、変色も引き起こされます。

プールと比べれば、水道水の塩素濃度は気にする必要はありません。しかし、影響には個人差があり、髪に良くないのは事実です。

特に、シャワーを浴びたり、お風呂に入る時は、口呼吸と皮膚呼吸によって塩素が体内に取り込まれやすくなります。浴室における塩素摂取量は、経口と比較して6倍から100倍という高い数値を出す調査結果もあるほどです。

なぜ、浴室だと塩素摂取量が高くなるのかというと、その理由は、塩素の25度で気化する性質にあります。

その気化した塩素を、全身が裸のまま、狭い浴室内で長時間吸い込んだ結果、塩素が体内に大量に入ってしまうというわけです。

水道水は、飲み水としてではなく、シャワーやお風呂で使用する場合の方が、リスクが高くなります。しかも、地域によっては塩素濃度が高いところもあり、余計に心配です。大人は大丈夫でも、肌の弱い赤ん坊であれば、どんな影響が出るかわかりません。

塩素対策にオススメの浄水機能付きのシャワーヘッド

塩素による頭皮の乾燥や、抜け毛のリスクを少しでも避けたいと思っている人におすすめなのが、浄水機能付きのシャワーヘッドです。

今では10,000円以下の価格で塩素を除去してくれるシャワーヘッドも販売されているほど。特に、湯シャンタブレットを利用すると塩素が除去され、赤ちゃんでも安心して使えるお湯に変わってくれます。

頭皮や髪のトラブルが起きた時、シャンプーやリンスの使用を控えるだけでなく、水道水に含まれる有害物質にも注目してみてください。

湯シャンとは
効果
正しいやり方
湯シャンに向く人・向かない人
おすすめの
湯シャンサポートグッズ
check!
湯シャンをするうえで気を
つけたいポイント
男性編
女性編
有名人編
周囲の声編
ハゲに効くの?
クサくならない?
汚れは落ちるの?
フケは増えない?
ツヤはなくならない?
ベタつかない?
流行ってるのは日本だけ?
どれぐらい続けるべき?

体験レポート!
30日間の効果とは?

-- /all-->