HOME » 【注目】恐るべし…シャンプーがもたらす健康被害

【注目】恐るべし…シャンプーがもたらす健康被害

普段何気なく使っているシャンプーですが、頭皮に付着している脂や汚れを少しでも取るため、ゴシゴシ洗っていませんか?

髪をキレイにしてくれて、なおかつ頭皮も健康にしてくれると思い込んではいませんか?

ホントは、私たちの健康に悪影響をもたらす存在であることを知っていますか?

一般的に、シャンプーやリンスの成分を見ても、それが何を示しているのか知っている・把握している人はほとんどいません。よーく見ると、シャンプーやリンスには、人体にとって有害な物質が含まれているんです。

シャワー・入浴の落とし穴

市販されているシャンプーのほとんどには合成界面活性剤が含まれており、これが皮膚のバリア機能を担っている角質層を破壊します。破壊された部分にシャンプーの有害物質が浸入し、毛細血管を通って全身を巡るのです。入浴剤も同様に、防腐剤のパラベンやタール色素、香料といった有害物質が含まれており、それをお風呂に使用すると、皮膚から吸収してしまいます。

ノンシリコンシャンプーの落とし穴

ノンシリコンシャンプーによる頭皮トラブルが話題になっています。なんと「ノンシリコンシャンプーを使うと頭皮が臭くなる」というのです。ノンシリコンシャンプーの中には、天然由来の保護・保湿成分が入っている製品もあります。この天然由来というのが厄介で、人の手で調節できないため、洗浄力が強すぎる場合があるようです。

リンス・トリートメントの落とし穴

リンスの主成分であるコーティング剤、これは主にシリコンです。シリコンそのものは、髪に付着しても安全なものなのですが、シャンプーで洗浄される際、キューティクルまで一緒に剥がしてしまう性質があります。

毛穴汚れの落とし穴

ミネラルに皮脂が付着した「ミネラル皮脂汚れ」に要注意。皮脂だけであればシャンプーで簡単に洗い落とせるのですが、ミネラル皮脂汚れをシャンプーで洗い落とすことはとても難しいもの。

放置され続けたミネラル皮脂汚れは、時間の経過とともに酸化し、腐ってイヤな臭いを発します。特に、加齢臭の原因ともなるのです。

湯シャンとは
効果
正しいやり方
湯シャンに向く人・向かない人
おすすめの
湯シャンサポートグッズ
check!
湯シャンをするうえで気を
つけたいポイント
男性編
女性編
有名人編
周囲の声編
ハゲに効くの?
クサくならない?
汚れは落ちるの?
フケは増えない?
ツヤはなくならない?
ベタつかない?
流行ってるのは日本だけ?
どれぐらい続けるべき?

体験レポート!
30日間の効果とは?

-- /all-->