HOME » 【注目】恐るべし…シャンプーがもたらす健康被害 » 真実その1 シャワー・入浴の落とし穴

真実その1 シャワー・入浴の落とし穴

シャンプー・入浴剤・水道水からくる経皮毒の危険性

血行促進、清潔、リラックス、疲労回復などなど……お風呂やシャワーは、私達の健康に、様々なメリットを与えてくれます。

でも、ちょっと待ってください。実は、お風呂やシャワーにも健康の落とし穴があるのです。

「経皮毒」という言葉をご存知でしょうか。経皮毒とは、日常で何気なく使っている製品の化学物質が、皮膚に吸収されることです。

市販されているシャンプーのほとんどには合成界面活性剤が含まれており、これが皮膚のバリア機能を担っている角質層を破壊します。破壊された部分にシャンプーの有害物質が浸入し、毛細血管を通って全身を巡るのです。

入浴剤も同様に、防腐剤のパラベンやタール色素、香料といった有害物質が含まれており、それをお風呂に使用すると、皮膚から吸収してしまいます。

また、水道水にも塩素(カルキ)が含まれています。塩素にも少なからず毒性があります。塩素はタンパク質を破壊する性質を持つため、肌や髪を痛めるのです。地域によっては、鉛の水道管を使っているため、鉛による健康被害もあります。

恐ろしいことに、お風呂で身体が温まっている時の経皮毒は、通常の10倍になるといわれています。そして、二の腕内側の皮膚を1とした場合、頭皮は3,5倍で、体よりもダイレクトに影響を受けてしまうのです。

体に蓄積された毒は、やがて取り返しのつかない病気を引き起こします。赤ん坊や小さい子どもがいた場合、さらなる経皮毒の強い影響を受けてしまうでしょう。

経皮毒予防のためのアイテムを紹介

経皮毒を予防するために、シャンプーや入浴剤いらずで、なおかつ水道水の塩素を除去してくれるのが、湯シャンタブレットです。

この湯シャンタブレットは、お風呂に4錠入れたり、シャワーヘッドを交換して、中に1錠入れて使用します。湯シャンタブレットが溶けると、塩素が除去され、しかも肌に優しい中性の重炭酸の湯に変化するのです。

この効果により、安心安全な入浴や、洗剤いらずの湯シャンを楽しむことができます。ぜひ利用してみてください。

湯シャンとは
効果
正しいやり方
湯シャンに向く人・向かない人
おすすめの
湯シャンサポートグッズ
check!
湯シャンをするうえで気を
つけたいポイント
男性編
女性編
有名人編
周囲の声編
ハゲに効くの?
クサくならない?
汚れは落ちるの?
フケは増えない?
ツヤはなくならない?
ベタつかない?
流行ってるのは日本だけ?
どれぐらい続けるべき?

体験レポート!
30日間の効果とは?

-- /all-->