HOME » 【注目】恐るべし…シャンプーがもたらす健康被害 » 真実その3 リンス・トリートメントの落とし穴

真実その3 リンス・トリートメントの落とし穴

リンス・トリートメントの本来の意味

そもそも、私達はなぜ、リンスを使うのでしょうか?シャンプーとセットで販売されているリンスを、昔から疑いもなく使っていましたが、その理由はなんでしょう。

かつて、製造技術があまり発達していなかった時代のシャンプーというのは、石鹸に近いアルカリ性でした。強いアルカリ性のシャンプーで髪を洗えば、髪もアルカリ性に近づき、キューティクルは膨らんでめくれ上がり、非常にダメージを受けやすくなります。

そのアルカリ性状態を中和するため、最後に酸性の水溶液(例えばクエン酸など)で髪をすすぐ必要があったのです。ちなみにリンスとは英語で「すすぐ」という意味です。

現在のシャンプーは改良技術が進んだ結果、髪の中和を目的とするより、油脂分を補い柔軟性を与え、櫛や指通りを良くするために用いられる、トリートメント的な意味合いが強いと言えるでしょう。

本当にリンス・トリートメントは必要?

しかし、リンスを使っている状態の髪が、本当に正しく、健康的なものなのでしょうか?

一時的に髪の表面をコーティングし、またシャンプーをすれば洗浄によってコーティングが剥がれるので、リンスをして補修をする…この繰り返しになるだけではありませんか?髪や頭皮の自然の再生力は生かされているのでしょうか。

しかも、リンスの主成分であるコーティング剤、これは主にシリコンです。シリコンそのものは、髪に付着しても安全なものなのですが、シャンプーで洗浄される際、キューティクルまで一緒に剥がしてしまう性質があります。

そして、頭皮に付着した場合は、残留性が高いため、なかなか落ちることはありません。落ちない間に、頭皮の他の汚れと混ざり、毛穴を塞いでしまうので、細毛や抜け毛の問題にもつながります。

さて、ここまできて、本当にリンスは必要かどうか、考えてはいかがでしょうか?

湯シャンタブレットなど湯シャンサポートグッズを使えば、ノーシャンプー・ノーリンスの脱ケミカル生活が実現できます。髪の健康や安全を考える時、これらのグッズの使用も視野に入れておくといいですよ。

湯シャンとは
効果
正しいやり方
湯シャンに向く人・向かない人
おすすめの
湯シャンサポートグッズ
check!
湯シャンをするうえで気を
つけたいポイント
男性編
女性編
有名人編
周囲の声編
ハゲに効くの?
クサくならない?
汚れは落ちるの?
フケは増えない?
ツヤはなくならない?
ベタつかない?
流行ってるのは日本だけ?
どれぐらい続けるべき?

体験レポート!
30日間の効果とは?

-- /all-->